トップページ >利用案内・施設概要 >写真資料の貸し出しについて

写真資料の貸し出しについて

 当館では、所蔵している写真資料(カラーポジフィルム等)を貸し出すことができます。
 貸出を希望される場合には、以下の点に注意してください。

  1. 貸出を希望する場合には、写真資料の有無を電話などでご確認ののち、別紙様式(申請書様式見本〔Word形式〕)により申請してください。
    会社・団体からの申請の場合には、代表者・責任者の名前で申請し、代表者印・社判などの捺印が必要です。
    あくまでも、FAXやメールではなく、書面を送付して申請してください。
    資料・作品が和歌山県立博物館の所蔵ではない場合には、その所蔵者の使用許可書の写し(様式自由)を添付してください。
    参考となる画像のコピー・出典名を添付していただけると効率的です。
  2. 写真資料の使用は無料です。
    ただし、写真資料・許可書の送料についてはご負担ください。
    申請の際に、返送用の封筒(宅急便の着払いのシールもしくは簡易書留料金分の切手なども必要です)を同封してください。
    また、使用後は写真を使用した成果物を寄贈してください。
  3. 使用にあたっては、資料の所蔵者名(個人の場合は除く)、写真資料提供者としての当館の名を明示してください。
  4. 使用目的以外に転用することはできません。
    再利用・転載の場合にも、その旨を記して同様の書式によりあらためて申請してください。
  5. 館内での事務処理が必要なので、申請をいただいてから発送まで1週間程度の日数がかかります。
    急な申し出には対応できませんので、余裕を持って申請してください。
  6. 写真資料の保存・管理については、一切の責任を負っていただきます。
    写真資料の汚損・紛失などがあった場合には、速やかに連絡してください。
    また、写真資料の使用後は、できるだけ速やかにご返却ください。
  7. メールなどによるデジタルデータの提供については、あらかじめ可能かどうかご相談ください。
    ただしこの場合にも、書面による使用申請が必要です。
    また、発行した許可書を返送しますので、返送先の宛名を記し、84円分の切手を貼った定形封筒を申請時に同封してください。
    なお、デジタルデータの使用後は、必ずデータを廃棄していただきます。
ツイートボタン
いいねボタン