トップページ >博物館ニュース

博物館ニュース

コラム根来寺の今と昔? 鬼瓦が語る往昔の根来寺

画像クリックで拡大します。 鬼瓦 側銘「大くエチコせう ふちわらときよし」 鬼瓦が語る往昔の根来寺  現在の岩出市根来に位置する根来寺は、大治5(1130)年、覚鑁上人によって高野山上に建立された伝法院をその前身とする寺院で、13世紀後半の…

UPDATE:2008.03.21

企画展「根来寺の今と昔」概要速報

  企画展 根来寺の今と昔  和泉山脈の麓、岩出市根来に位置する新義真言宗総本山・根来寺は、開祖・覚鑁上人が高野山上を離れて根来の地に下山して以来、衰退と復興を繰り返しながらも、一度も絶えることなく、現在にまでその法灯を受け継いできました。…

UPDATE:2008.03.18

コラム高僧の姿? 試みの開山像

  画像クリックで拡大します。 円満寺 法燈国師坐像 鎌倉時代 和歌山県指定文化財 試みの開山像―円満寺の法燈国師坐像―  有田市宮原に所在する臨済宗寺院の円満寺は、奈良時代制作の十一面観音立像(重要文化財)が伝来する古刹である。周辺にも古…

UPDATE:2008.03.13

コラム高僧の姿? 時空を伝える高僧の姿

画像クリックで拡大します。 左:弘法大師十大弟子及び真然・定誉像のうち真然像 右:地蔵院流道教方先師像のうち真雅像 時空を伝える高僧の姿―弘法大師の弟子たちを描く―  江戸時代に高野山増福院の第39代住職を務めた秀龍という僧侶の生家に、高僧…

UPDATE:2008.03.06

和歌山市立岡山幼稚園「一文字展」開催中!

画像クリックで拡大します。  ただいま博物館ロビーでは、和歌山市立岡山幼稚園の園児たちが描いた「一文字」を展示しています。これは、幼稚園のわくわくタイムの筆遊びで、子どもたちが漉いた紙に、自分の名前の好きな一文字を書いたものです。  会期は…

UPDATE:2008.03.06

コラム高僧の姿? 高僧の姿と高野山浄土

左:遍照寺弘法大師像 右:遍照寺本堂 画像クリックで拡大します。 高僧の姿と高野山浄土―紀美野町遍照寺の弘法大師像―  高野山西麓、貴志川(神野川)と真国川の流域は、かつて神野真国荘(こうのまくにのしょう)と呼ばれた高野山の根本寺領の一つで…

UPDATE:2008.02.28

コラム高僧の姿? 甕に描かれた高僧の姿

  左:長寿寺備前焼大甕 右:描かれた僧侶の姿 画像クリックで拡大します。 甕に描かれた高僧の姿―白浜町長寿寺の大甕―  日置川の河口部に近い白浜町大古に建つ長寿寺は、紀南最古級の薬師三尊像(平安時代中期)を本尊とする古刹である。昭和36年…

UPDATE:2008.02.28

僧侶37人のプロフィール

12345678910画像クリックで拡大します。 企画展「高僧の姿―きのくにゆかりの僧侶たち―」の会場で配布しているリーフレット「僧侶37人のプロフィール」を画像でアップします。展示中の各肖像の前に設置している解説パネルを集約して、10頁だ…

UPDATE:2008.02.27

企画展「高僧の姿―きのくにゆかりの僧侶たち―」

画像クリックで拡大します。  企画展「高僧の姿―きのくにゆかりの僧侶たち―」(会期2月16日?3月16日)では総勢37人の肖像を展示し、それを通じて、描かれ刻まれた僧侶の姿がなぜ作られ、用いられ、伝えられてきたのか、その本質に迫ります。  …

UPDATE:2008.02.27