トップページ >2022年度の展覧会

2022年度の展覧会

特別展 濱口梧陵と廣八幡宮―広川町の文化財とともに―

特別展 濱口梧陵と廣八幡宮―広川町の文化財とともに―

2022年10月15日(土)~11月23日(水・祝)

 濱口梧陵と廣八幡宮―広川町の文化財とともに― 「稲むらの火」として有名な濱口梧陵(1820~85)の事績とともに、港町広の中心であった廣八幡宮の文化財を紹介します。あわせて濱口梧陵などを輩出した港町広の文化とともに、海と山に育まれた広川町の文化財も紹介します。

UPDATE:2022.09.22

企画展 あの人からの手紙

企画展 あの人からの手紙

令和4年(2022)8月27日(土) ~ 10月2日(日)

 古くから、ひとびとは自分の意志を相手に伝えるため、公的な文書に近いものから、個人的な私信にいたるまで、紙に筆やぺンなどの筆記具でしたためて送りました。県立博物館には、きのくに−和歌山県の歴史にゆかりのあるひとびとが残した、書状・書簡類が収…

UPDATE:2022.08.24

夏休み子ども向け企画展 地名のなぞ!?

夏休み子ども向け企画展 地名のなぞ!?

令和4年(2022)7月16日(土) ~ 8月21日(日)

 私たちが普段何気なく使っている地名。地名にはいったいどのような意味や歴史があるのでしょうか?夏休みの自由研究にもできるよう、和歌山県内の地名の由来やその移り変わり、地名の調べかたや面白さをわかりやすく紹介します。

UPDATE:2022.07.08

企画展「幕末から明治のきのくに文人画 ―偉大なる師、野呂介石を慕いて―」

企画展「幕末から明治のきのくに文人画 ―偉大なる師、野呂介石を慕いて―」

令和4年(2022)6月11日(土)~7月10日(日)

 野呂介石の画風や志は、幕末(江戸時代末期)から明治時代初頭に和歌山で活躍した画家たちに受けつがれました。弟子の野呂松廬や野際白雪をはじめ、影響を受けたと考えられる岡本緑邨らの作品を中心に紹介します。

UPDATE:2022.06.09

特別展「きのくにの大般若経―わざわいをはらう経典―」

特別展「きのくにの大般若経―わざわいをはらう経典―」

令和4(2022) 年4月23日(土)〜6月5日(日)

数のパワーでコロナ退散! —県立博物館で特別展「きのくにの大般若経−わざわいをはらう経典−」を開催—

UPDATE:2022.04.09